無痛インプラント治療Implant Sedation

痛み・不安・恐怖心・緊張感をなくしたインプラント治療

無痛インプラント治療とは

無痛インプラント治療とは静脈麻酔(静脈内鎮静法)を利用したインプラント治療です。静脈麻酔(静脈内鎮静法)は、緊張感や精神的不安・恐怖心などを和らげ、リラックスした状態でインプラント手術を受けていただくための麻酔法です。ストレスのない麻酔法を使用し、寝ている間にアッという間にインプラント手術が終わりますので、多くの患者さんが「目が覚めたら手術が終わっていた。こんなに楽だとは思わなかった」とおっしゃっています。なお静脈麻酔は、単独では行なわず、一般の歯科治療でも用いる局所麻酔を併用します。局所麻酔は、インプラント手術を行なう部位周辺に注射器で麻酔薬を投与し、痛みを和らげるためのものです。

また全身麻酔と聞くと恐くてあまり行いたくないという方がいますが、静脈麻酔と全身麻酔は異なります。全身麻酔では意識がなく、自発呼吸もできなく、入院が必要ですが、静脈麻酔では意識はあり、自発呼吸もでき、入院は不要です。

こんな方にお勧め

歯科治療恐怖症の方
治療のとき「オエッ」となる方
長時間の手術を受ける方
侵襲の大きな手術を受ける方
歯科治療時のストレスを減らしたい方
高血圧症や心疾患などの疾患があり、全身管理を要する方
大きな手術で比較的長時間の治療を要する方

静脈麻酔を受けられない方

妊娠している方
開口障害、小顎症の方
緑内障の方
HIVの方
てんかんの既往がある方 
ご家族に悪性高熱症の既往がある方

静脈麻酔のメリットとデメリット

静脈麻酔のメリット

静脈麻酔は、患者さんにとって快適なだけでなく、安全性の高いインプラント手術を行なうために、非常に有効な麻酔法です。

楽な気持ちで手術に臨める
インプラント手術の安全性が高まる
日帰り治療が可能

静脈麻酔のデメリット

静脈麻酔は、インプラント手術を安心して受けるために有効な手段である一方で、デメリットについても、よく理解しておくことが大切です。

麻酔から回復するまでに時間がかかる
追加費用がかかる(静脈麻酔費用は1時間まで5,5000円、2時間半までは88,000円(税込)

※静脈麻酔は全身麻酔とは異なるものの、呼吸状態や血圧に影響をおよぼす可能性がまったくないわけではありません。ただし前述したように、静脈麻酔では静脈ルートを確保しているため、急変の際には素早く対処が可能です。

静脈麻酔のプロによる安心な治療

麻酔担当:阿保綱孝(東京医科歯科大学歯学部附属病院麻酔外来所属)

当院の静脈麻酔は、経験豊富な歯科麻酔認定医が専任で、生体情報モニターを利用し、患者様のお身体の状態をチェックしていますので安全です。このモニターで血圧や脈拍、酸素飽和度等をチェックして、患者さんに異常が生じていないかどうかを確認しながら治療を進めていきます。

略歴

青森出身

資格

日本歯科麻酔学会認定医

治療の流れ

1、問診票の記載

過去にかかった、あるいは現在かかっている病気について伺います。
内服されている薬について伺います。

特に以下の薬を飲んでいる患者さんは詳しくお話を伺う場合があります。
(・降圧薬 ・抗不整脈薬・抗血栓薬(血を固まりにくくする薬)・睡眠薬・抗痙攣薬・抗精神病薬・ステロイド・糖尿病治療薬など)

今までに受けた手術や麻酔があればその理由や状況について伺います。
アレルギーの有無(食べ物、薬、喘息など)を伺います。

2、処置当日

絶飲絶食(お食事と飲水の禁止時間)必ずお守りください!

処置中に万が一、胃の内容物をもどしてしまった場合、これが気管に流れてしまうと重い肺炎を起こすことがあります(誤嚥性肺炎といいます)。
安全に処置を行うためには、胃の中を空にしておくことがとても大切です。
指定された時間以降は飲んだり食べたりしないよう注意してください。

禁食時間:処置開始時間より6時間前は禁食となります。
 
禁水時間:水、お茶は2時間前まで、それ以外は禁食時間と同じです。

3、来院時

①診察室のチェアーにご案内した後、血圧計や、酸素モニターを装着します。 場合によっては心電図の装着や、鼻から酸素を投与させていただきます。
②準備が整った後に点滴をとります。
③点滴から鎮静薬が入り、リラックスした状態になったところで処置を始めます。

治療中は日本歯科麻酔学会 歯科麻酔認定医が患者様の状態を観察しております。 万が一全身状態に変化が発生した際にも、呼吸や血圧・脈拍に対しての応急的な治療が可能なように器具・薬剤を準備しておりますのでご安心ください。重篤な合併症(アナフィラキシーなど)が生じた場合にはよっては、処置を中断し、当院での応急処置もしくは高次医療機関を紹介させていただくことがあります。

4、治療終了

鎮静薬の影響でふらつきやすくなることがあります。治療終了後30分から1時間を目安に全身状態を確認し、問題がなければ帰宅していただきます。 当日お車や自転車の運転はできません。
帰宅後もその日はできるだけ安静にしてください。